大切な人だから暖かく送りたい。お花と葬儀の田中商事株式会社|東京都・杉並・井草・下井草・埼玉県・所沢・狭山

 

葬儀後のサポート

 

ご葬儀後のサポート

ご葬儀後のサポート
 
田中商事では、故人様の霊が安らかであるように、法事についてのご案内や商品のご提供、飾付けから片付けまで全てにおいて万全の態勢でサポート致します。安心してお任せください。
 

香典返し・後返し

香典返し・後返し
 
生前からお世話になった方や、お香典をいただいた方へお返しを用意致します。
 

四十九日法要

四十九日法要
 
葬儀後、最も重要な忌日が四十九日。真心をこめて供養することが必要です。
 

四十九日忌は「満中陰」とよばれ、 忌日のうちでも最も重要な日に当たります。
ですから、「四十九日」はぜひとも行わなければならない、大切な行事と言えます。

 

田中商事では、四十九日の法要に必要な会席料理の仕出しから引出物まで、すべてをお手伝い致します。

 

仏壇を調える

仏壇を調える
 
仏壇に故人様の位牌を祀るのは仏の世界に故人様も身を置いているということ。仏壇は極めて大切なものです。
 

新仏で仏壇のない場合は、四十九日の忌明けの法要の後に位牌を納めます。
法要後、入魂供養の済んだ黒塗りの位牌を仏壇に納めます。

 


 

墓を設ける

墓を設ける
 
お墓は故人様にとって安らかな安眠のための「住まい」でありご親族様とご先祖様の心がふれあう尊い場所です。

葬儀を出したら、次に控えているのはお墓です。
田舎に本家があって、その墓地に葬ることのできる場合は安心ですが、疎遠になっている場合や、田舎がない場合は、新たにお墓を用意しなくてはなりません。
一般的な習慣としては、遺骨は四十九日に埋葬されます。

 


 

盆供養

盆供養
 
お盆は故人様をお迎えする、かけがえのない心の儀式。
手厚い供養が求められます。

お盆の供養は地域によってさまざまな習慣に沿って行われています。
一般的にお亡くなりになってから初めての盆供養は、初盆として特別に行われることになっています。

 


 

一周忌

一周忌
 
故人様を偲び、その冥福をあらためて祈るために、一周忌の必要性があります。

故人様を霊界に送って一周年の法要が一周忌です。
近親者はもちろん、知人も招いて行います。
日時は、祥月命日より早めの日で設定します。